スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥知らずな咲夜使いがいた!

俺はアリスを使い手なんだが相手が残念な事に咲夜を使ってきたので「お前それで良いのか?」と言うと「何いきなり話かけて来てるわけ?」と言われた。
俺の弟が咲夜の熟練者なのだがおれはいつも勝つから相手が気の毒になったので聞いただけなんだがむかついたので「お前6Aでボコるわ・・」と
言って開始直後に力を溜めて前6Aしたら多分リアルでビビったんだろうな、、ガード固めてたからキャンセルしてカカッっとダッシュしながら6Aしたらかなり青ざめてた
おれは一気に空中にとんだんだけど咲夜が硬直してておれの動きを見失ったのか動いてなかったからめくりでガードを崩した上についげきのシーカーワイヤーでさらにダメージは加速した。
わざと距離をとり「俺はこのままタイムアップでもいいんだが?」というとようやく必死な顔してなんか手のはしっこからナイフ出してきた。
おれは人形置操で回避、これは一歩間違えるとカウンターで大ダメージを受ける隠し技なので後ろのギャラリーが拍手し出した。
俺は「うるさい、気が散る。一瞬の油断が命取り」というとギャラリーは黙った
咲夜は必死にやってくるが、時既に時間切れ、下段ガードを固めた俺にスキはなかった
たまに来る下段ガードでは防げない攻撃もDAで撃退、終わる頃にはズタズタにされた銀髪の雑魚がいた

「いつでも6Aでトドメは刺せた、あの時ナイフだそうとしたときにも実はズタズタに出来た、」とかいった
そしたら「いや今のハメでしょ?俺のシマじゃ今のノーカンだから」とかいったので俺がヒト睨みするとまた俺から視線を外した、2戦目は俺の6Aを先読みしてたみたいでいきなりバックステッポで回避された
「ほう、経験が生きたな」と少し誉めるとジュースをおごってくれると言う約束をしたので空中でJ6Aを当てて一気にかけよりJAと千槍の二択を迫り
5回くらい千槍したら死を感じたのかガードしようとしたので近づいてDAをお見舞いしてやった、絶望でダウンしているところに壁バウンドの6Aがダブルで入れた。
「今のがリアルでなくて良かったな、リアルだったらお前はもう死んでるぞ」というと想像して圧倒されたのか動きが鈍くなったので操創で動きをコントロールしさらに時間までコントロールしていることにも気付かせずにタイムアップさせた。
そしたら「まただよ(笑)」とか負けたくせに言いワケ言ってたから「限られたルールの中で勝利条件を満たしただけ」といったら顔真っ赤にして3戦目はけっこう攻撃的だったけど挑発に軽々と乗ってくる馬鹿には確実な死が待っていた。
DAの恐怖が完全に摺り込まれている為思うように近づけないでいるようで空中来たらJAでけん制し飛び込んできたら前6Aでいつの間にかガードゲージは光っていたから「蓬莱でトドメさすよ」と言うとカイは必死にガードしたから
狙い通り3段目くらいを射撃キャンセルすると予想通り青ざめてガードしてたから上海で割ったのち6Aでトドメ。
あとはタイムアップまで粘った。俺の下段ガードは固く、隙を見せなかった。カイも下段ガードできない攻撃してきたけど反撃もここまで。残念ながら前半の遅れを取り戻す事が出来なかった。
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。